■■■自己暗示をかけましょう■■■
----------------------------------------------------------------------------------------
■自己暗示の力
「今からレモンのことを考えてください。」



いかがですか?ジワッと口の中にツバがでませんでしたか?

レモンを食べていないのに、レモンを食べた時と同じ反応をしますよね?

このように
脳は現実とイメージの判断ができません。

だから良いイメージを描けば、良い経験を
悪いイメージを描けば、悪い経験をしたことに
脳は判断するので、できるだけ良いイメージを描くことが
成功の秘訣なのです。
■自己暗示の注意点
例えば「今からレモンのことを考えて下さい。」で
ジワッとツバがでますね?

では次にこれをためしてください。



「今から一分間レモンのことを考えないで下さい。」


あら?不思議?ジワッとツバがまたきませんでした?

そうなのです。頭をその言葉が駆け抜けるのは
その言葉をより強調させます。


「どうか。この文章に注目しないで下さい。」

↑困ったことに、思わず注目してしまいますよね?

そうなんです。
だから

「私は緊張していない。」
「私は緊張をしない女だ。」

なんていう自己暗示ではますます緊張して
ガチガチになってしまいます。
■正しい自己暗示をかけましょう
「私は目立ちたがり屋だ。」
「スピーチは大好きだ。」
「皆に見られるのは快感だ。」
「私はきれいだ。」
「みんな私のことが好きだ。」など
 自己暗示をかけましょう。

例え今は嘘でも思い込みましょう。


きっとあなたなら大丈夫です。
----------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------
■■HOME■■